●ムビラのマエストロ、ムセキワ・チンゴーザ初来日ライブ●
~絡み合うリズムとメロディ、ショナ族の伝統音楽~

Musekiwa Chingodza Live in Matsuyama

10/14(土) @松山・RICO SWEETS & SUPPLY CO.
出演:ムサキワ・チンゴーザ
演奏:19:00~20:30
料金:前売 / 2,500円(+1オーダー) 当日 / 3,000円(+1オーダー)
予約 / お問合せ:070-5469-6409
playmbirahosho@gmail.com
Information : ムビラ弾こうよ! http://www.mbira.jeez.jp/

ムビラ(mbira)は、ショナ族の伝統楽器である。
ショナの人々は祖先を崇拝する。
ムビラは娯楽のためだけでなく、精霊や祖先に祈る儀式でも演奏される神聖な楽器である。

【ムセキワ・チンゴーザ(Musekiwa Chingodza)】

ムビラを先祖代々演奏してきた“チンゴーザ一族”の末裔、“5歳にしてムビラの演奏をはじめた”と言われるムビラの名手。
幼いころからショナ族の儀式でムビラを演奏し、青年期にはジンバブエの名門・プリンスエドワード校でムビラを教える。
その類まれなる才能が海外のアーティストたちの注目を集め、世界で有名なムビラ奏者となる。
はじける笑顔が人々の心をいやす。
今回、11月にフランスツアーを控える多忙なスケジュールの中、初来日する!

【スミ・マズィタテグル(Sumi Madzitateguru)】

日本ツアーでムセキワと共演するムビラ奏者。愛媛県出身。
18歳の時にはじめての海外旅行、タイへの1人旅を経験。
それを機に海外を渡り歩き、2007年8月、飛行機をほとんど使わず陸路での世界一周を達成。
この世界一周の途中、ジンバブエに住むショナ族が奏でるムビラという楽器に出会い、”生きる伝説”と呼ばれるムビラ奏者、ガリカイ・ティリコティ氏に師事する。
現在、ジンバブエでのショナ族が開催する儀式やライブ、日本でも精力的に演奏活動を行い、ムビラの普及に努めている。
ショナ族から、その歌声とムビラの音に精霊が宿っている、と信頼されるムビラ奏者である。